Midorikawa 2021 Autumn/Winter | SUPPLY TOKYO online store

Midorikawa 2021 Autumn/Winter

MidorikawaのFW21より新商品が到着しました。

今季のdeliveryも終盤になってきて、必然とアウター類などの大モノが到着しています。実用性の高いアウターが今季多くのブランドからリリースされる中、Midorikawaからはしっかりばっちりとデザインを落とし込んだ唯一無二なアイテムを仕上げてきています。他のブランドでは代用の効かない服がMidorikawaの魅力でもあり、服をみるだけでMidorikawaと分かるほどにデザインが落とし込まれた洋服たちは、オリジナルで制作された生地1つをみても面白いモノばかりです。着るための洋服ですが、見ても楽しめるというは他には中々ないだろうなと僕らは毎シーズン楽しみにしているのです。

では、商品のご紹介です。

毎シーズン密かにリリースを楽しみにしているファンがいるムートンのシリーズのベストが登場です。
インサイドアウトなデザインが効いています。
そして、もちろんですがリバーシブル。
こちら面ではムートンらしい表情が楽しめます。
ざっくりと羽織れるサイズ感になっており
アームホールも大きめに設定されているので
バサッと最後に羽織る事が可能です。

MID21FW-V01

  • Color : Black
  • Size : Free
  • Price : ¥308,000
ITEM PAGE
ウールにスパンコールが埋め込まれたオリジナルの生地。
この生地を製作したと聞いただけでも驚きですが、袖口やポケット周辺には
レザーを使用し、各所にはMidorikawaらしい断ち切り。
見た目以上に着用時にしっくりくるのでぜひ着て見て欲しいベストです。
スパンコールの派手さと詰め込まれたデザインが掛け合い
とても良い着地をしています。ニットの上からパーカーの上から
さまざま上から羽織って頂ければと思います。

MID21FW-V02

  • Color : Black
  • Size : Free
  • Price : ¥132,00
ITEM PAGE
リバーシブル仕様の両A面ベスト。アンゴラ/ウールをメインファブリックにインサイドアウトの表面はリボンやシルク糸などMidorikawaらしいディテールをふんだんに取り入れています。
逆に裏面はシンプルにすることで印象の違う2パターンを楽しめます。
サイドのテープを結ぶことで身幅をタイトにしインナーとして着やすくなり、テープを結ばないと身幅を広くでき、厚手のスウェットの上からも着用できるなど、ビジュアルだけでなく機能的にも考えられた1着です。

MID21FW-V03

  • Color : Beige
  • Size : Free
  • Price : ¥132,000
ITEM PAGE
東京・羽根木にあるアトリエ兼ギャラリーショップ「Out of museum」オーナー Makoto Kobayashi氏がイラストレーションした世界の著名人を別布にプリントし、それをスウェットへ縫い付けています。
フロント、バック、袖、フードと余す所なくMakoto Kobayashi氏のアートワークを散りばめています。
アートワークを縫い付けた糸を、あえて処理せずに残すことでMidorikawaらしい唯一無二の雰囲気になっています。
スウェットはややラメ感のある柔らかく着心地のいい生地でダブルジップ仕様。ゆったりした身幅、着丈い対してやや短めに設定された着丈のバランスも着たら分かる良い着丈です。

MID 21FW-CU01

  • Color : Ligft Yellow
  • Size : S , L
  • Price : ¥77,000
ITEM PAGE
続いてクルーネックです。
こちらも別布にプリントが施されその後スウェットに縫い付けれいます。

MID 21FW-CU02

  • Color : Ligft Yellow
  • Size : S , L
  • Price : ¥63,800
ITEM PAGE
同生地のスウェットパンツです。ストンと落ちるスレートシルエットです。
スポーティーなスウェットではなく、トラウザーズのような綺麗なシルエットです。

MID 21FW-CU03

  • Color : Ligft Yellow
  • Size : S , L
  • Price : ¥75,900
ITEM PAGE
SHARE